酷い乾燥肌でも脱毛サロンで施術できる?むしろ対策したい人ほど利用すべき!

肌が白く粉を吹いてしまうほどの乾燥肌の人、カサカサ対策とムダ毛対策にいつも頭を悩ませてしまいますよね。
そんな酷い肌の状態でも、脱毛サロンで施術できるんでしょうか。
実は、乾燥対策を考えるならむしろ脱毛がおすすめなんです。

度重なる脱毛が乾燥悪化の原因になっている

お肌は元々、自分の力で水分や油分を留めて乾燥を防ぐ機能を備えているのを知っていますか。
ですが、その機能はいつも同じように働くわけではありません。
さまざまな原因によって衰えることで、乾燥を招くんです。

  • 睡眠不足
  • 食生活の乱れによる栄養の偏り
  • ストレス
  • 運動不足
  • 外部刺激による影響など

ここで注目したいのがm外部刺激による影響。
これは、日頃何気なく行っているムダ毛処理そのもの。
カミソリや毛抜きって簡単にムダ毛が綺麗にできるけれど、摩擦の刺激や毛穴への負担がかなりのものなんですよね。

自己処理した後に皮が捲れたり毛穴が炎症を起こしたりなんて経験がある人も多いはず、これは目に見えてバリア機能、肌を保護する機能が衰えている証拠。

内側の水分や油分が外に逃げやすくなったり、せっかく保湿をしてもしっかり浸透されなくなったり、タダでさえ酷い乾燥肌を自分からますます悪化させてしまうことになるんです。

脱毛をしつつ保湿を徹底することが乾燥対策になる

さて、そういうわけで、脱毛さえしてしまえば自己処理の必要がなくなる、イコールが日頃の処理による乾燥の原因を排除できる、これがわかりますよね。

では、乾燥肌で脱毛サロンで施術は断られないのか、この点が問題です。
安心してください。
よほど酷い炎症を起こしていて、そちらの治療を優先しなければならないという状態でもならない限り、肌がカサつく、粉を吹いてしまう程度であれば問題はありませんよ。

それに、SCC脱毛というジェルを塗った上から照射する方法なら、保湿をしながら施術を受けられます。
フェイシャルエステの原理を応用しているIPL脱毛なら、脱毛と同時にコラーゲンの生成促進させる働きを得られるなど、乾燥対策に嬉しい効果を期待できるんです。

脱毛サロンを利用すれば、乾燥の原因を排除しつつ同時に保湿も徹底できる、これで肌の状態を向上していけます。

諦めずに日頃から乾燥対策をしっかり行おう

もちろん、乾燥肌の人はまず原因に対して日頃からの対策をしっかり行うことが大切。

ターンオーバーを乱したり、バリア機能を弱らせないように健康的な生活習慣を身につけること、面倒でも朝晩の保湿を怠らないこと、脱毛が完了するまでの自己処理だって気を遣いましょうね。

深剃りにならないようにフェースシェーバーを使うと、かなり肌ダメージを抑えられますよ。
脱毛サロンでの施術は、自分の肌質を見つめ直すいいきっかけにもなりますし、綺麗な肌作りに力を入れようと意識が働くのも対策にはうってつけです。